お知らせ

老人保健施設ウェルビーは2022年に移転、増床、介護サービス拡大を計画しています。
こちらでは移転計画について進捗をお伝えしていきます。

移転の目的

当施設は介護保険制度が施行された2000年より前の1995年に現在の場所に開設をし、運営をしてまいりました。

介護保険制度が改正されていく中で、開設当初の設備ではご利用者様に不便をかけることも多くなり、スタッフがケアを行うにも負担が大きくなってしまっている現状があります。
建物の老朽化もあり、今後も永続的に地域に根付いた介護老人保健施設として運営を続けていくために建て替え、移転することを決意しました。

「医療法人豊成会に関わる全ての人が豊かに成ること」と定めた法人理念に則り、移転後は介護サービスも拡大し、ご利用者様にとっても、働くスタッフにとっても、安全で快適な施設運営を目指して設計、運営方針の決定に取り組んでまいります。

移転計画の概要


移転計画地 豊田市四郷町宮下河原35-1
運営事業 【老人保健施設 本体に開設、併設】
入所サービス(従来型) 100床
ショートステイ
通所リハビリテーション 定員50名
居宅介護支援事業所   
職員専用 託児施設

【同敷地内に別棟にて開設】
看護小規模多機能型居宅介護事業所 定員29名

建物外観模型


リハビリガーデン設計案


計画地工事計画案内