お知らせ

「くるみんマーク」に続いて、「AICHI WISH企業」として認定を受けることが出来ました。

2019年4月から始まった「働き方改革」についても積極的に遵守し、働くスタッフ全員にとって魅力的な企業への推進に取り組んでいきます。



2018年度の介護保険制度改正により、介護老人保健施設サービスは、
「超強化型」「在宅強化型」「加算型」「基本型」「その他」の5段階に分類されることとなりました。

分類項目としては
・在宅復帰率
・ベッド回転率
・入所前後の訪問指導件数
・退所前後の訪問指導件数
・サービスの実施状況
・リハビリテーション専門職の配置人数
・支援相談員の配置人数
・要介護重度者の受け入れ状況
・喀痰吸引が必要な方の受け入れ状況
・経管栄養が必要な方の受け入れ状況

上記10項目の判定から、90点満点中の70点以上だと「超強化型」と認定を受ける事ができ、ウェルビーはこれまでの取り組みの成果として、制度改正時の2018年4月から「超強化型」の認定を受けています。

介護老人保健施設全体の理念、役割を全うすることで受けられた認可である事を理解し、これからも社会に求められる施設であり続けることを目標と定め、スタッフ一同取り組んでいきたいと考えています。


介護老人保健施設全体の理念

介護老人保健施設は、利用者の尊厳を守り、安全に配慮しながら、生活機能の維持・向上をめざし総合的に援助します。
また、家族や地域の人びと・機関と協力し、安心して自立した在宅生活が続けられるよう支援します。

介護老人保健施設の役割

1.包括的ケアサービス施設
利用者の意思を尊重し、望ましい在宅または施設生活が過ごせるようチームで支援します。
そのため、利用者に応じた目標と支援計画を立て、必要な医療、看護や介護、リハビリテーションを提供します。

2.リハビリテーション施設
体力や基本動作能力の獲得、活動や参加の促進、家庭環境の調整など生活機能向上を目的に、集中的な維持期リハビリテーションを行います。

3.在宅復帰施設
脳卒中、廃用症候群、認知症等による個々の状態像に応じて、多職種からなるチームケアを行い、早期の在宅復帰に努めます。

4.在宅生活支援施設
自立した在宅生活が継続できるよう、介護予防に努め、入所や通所・訪問リハビリテーションなどのサービスを提供するとともに、他サービス機関と連携して総合的に支援し、家族の介護負担の軽減に努めます。

5.地域に根ざした施設
家族や地域住民と交流し情報提供を行い、さまざまなケアの相談に対応します。市町村自治体や各種事業者、保健・医療・福祉機関などと連携し、地域と一体となったケアを積極的に担います。
また、評価・情報公開を積極的に行い、サービスの向上に努めます。

  「公益社団法人 全国老人保健施設協会より抜粋」