お知らせ

2022年1月25日
老人保健施設ウェルビーのスタッフ1名に新型コロナウイルス陽性反応が確認されました。
感染状況について、詳細状況をこちらにてご報告させていただきます。

ご利用者様、ご家族様、地域の皆様、スタッフの皆様、スタッフご家族の皆様には、多大なご心配とご迷惑をお掛けし、心よりお詫び申し上げます。

当施設における新型コロナウイルス感染について(第2報)_1月26日

【経過及び状況】
陽性反応・自宅療養継続 スタッフ1名
(昨日と変化なし)

<経過・感染状況>
1月25日(火)13時に陽性反応が確認され、自宅療養継続中。
現在のところ、他スタッフやご利用者様に感染症状などは見られておりません。


【現在の対応】
保健所の指導にしたがい当該スタッフの勤務状況、濃厚接触者の有無について調査を行った結果、濃厚接触者に該当するご利用者様、スタッフ共におられません。

感染対策に注力し、ご利用者様、スタッフの体調把握に努めています。


【今後の対応】
引き続き継続してご利用者様、スタッフの体調管理、把握に努め、感染拡大の防止対応に努めて参ります。

当施設における新型コロナウイルス感染について(第1報)_2022年1月25日

【感染発生経路】
不明

【感染者】
当施設 スタッフ1名

【経過及び状況】
陽性反応・自宅療養 スタッフ1名

<経過・感染状況>
1月24日 発熱症状、腹痛症状あり。
1月25日 平熱になるも腹痛症状が続くため当日勤務を中止し、受診。
抗原検査を受けた結果、陽性反応として報告。


【現在の対応】
豊田市保健所に陽性反応確認されたスタッフの勤務状況、施設での感染対策状況を報告。
保健所からの指導として、濃厚接触者に該当するスタッフ、ご利用者様はいないと判断。

今後、体調不良症状などが確認されたご利用者様には施設内での抗原検査、感染拡大防止のための居室変更対応、他ご利用者様との生活導線を分けて、接触をされないように努めることとします。
感染の可能性があると判断されるご利用者様へのケアを行うスタッフは限定し、マスク、グローブ着用に加えガウン、フェイスシールドを着用の上、ケアに当たります。


【今後の対応】
保健所の指示に従い、今後体調不良者や感染拡大が続くようであれば保健所への連絡、指示に従って感染防止対応を徹底します。

その他のご利用者様、スタッフも状況に応じて施設内で抗原検査を実施します。

引き続き、豊田市保健所のご指導を仰ぎつつ、感染拡大の防止対応に努めて参ります。



2021年11月より新型コロナウイルスの新しい型であるオミクロン株が発見され、世界中でこれまで以上に感染が拡大しており、日本においても12月下旬に市中感染が確認され、年末年始を経てこれまで類を見ないほどの早さで感染拡大している状況となっております。

愛知県ではまん延防止措置法などは発令されておりませんが、今後の感染流行状況はさらに拡大される可能性が高いことを考え、一時的にオンライン面会の利用を停止させていただくことと判断しました。

施設ご利用者様、スタッフの健康と感染拡大防止のため、ご家族の皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

入館制限の継続について

ひきつづき、新型コロナウィルス感染拡大防止のためにご協力をお願いします。

衣類、洗濯物の入れ替えは引き続き1階フロアにてご家族様の手でお願いします。

入館時は必ずマスクを着用、手指消毒、検温にご協力お願いします。

【以下3点のいずれかに該当する場合は入館自体をお断りしています】

  1. 検温で37.5度以上ある
  2. 24時間以内に37.5度以上の発熱があった
  3. 咳やくしゃみ等の呼吸器症状がある


老人保健施設ウェルビーは2022年に移転、増床、介護サービス拡大を計画しています。

こちらでは移転計画について進捗をお伝えしていきます。

移転の目的

当施設は介護保険制度が施行された2000年より前の1995年に現在の場所に開設をし、運営をしてまいりました。

介護保険制度が改正されていく中で、開設当初の設備ではご利用者様に不便をかけることも多くなり、スタッフがケアを行うにも負担が大きくなってしまっている現状があります。

建物の老朽化もあり、今後も永続的に地域に根付いた介護老人保健施設として運営を続けていくために建て替え、移転することを決意しました。

「医療法人豊成会に関わる全ての人が豊かに成ること」と定めた法人理念に則り、移転後は介護サービスも拡大し、ご利用者様にとっても、働くスタッフにとっても、安全で快適な施設運営を目指して設計、運営方針の決定に取り組んでまいります。

移転計画の概要


移転計画地 豊田市四郷町宮下河原35-1
運営事業 【老人保健施設 本体に開設、併設】
入所サービス(従来型) 100床
ショートステイ
通所リハビリテーション 定員50名
居宅介護支援事業所   
職員専用 託児施設

【同敷地内に別棟にて開設】
看護小規模多機能型居宅介護事業所 定員29名

レジリエンス強化型ZEB(ゼロ・エネルギー・ビル)認定建物として指定



新しい老人保健施設ウェルビーはレジリエンス強化型ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)実証事業を実施し、環境問題、災害時地域支援について取り組みます。

  • 高効率機器の導入で使用するエネルギーを減らし、CO2排出量の削減に取り組みます。
  • 地域の避難施設としての機能を維持するため、太陽電池と蓄電システムを導入し、非常災害時には避難所としての役割を果たします。
  • 非常災害などによる停電時でも自立的にエネルギーを供給し施設生活を持続継続します。

竣工イメージ


建物パース(正面)


建物パース(上空)


通所リハビリテーション、機能訓練室


2階、3階 居室フロア


2階、3階 居室フロア


看護小規模多機能型居宅介護事業所


建物外観模型


リハビリガーデン設計案


見守り時のイメージです


施設の全てのベッドに、見守りシステム「眠りScan」を導入しました。

見守りシステムが設置されていることで、以下のような効果が期待できます。

  • 居室内、特に夜間時間帯における転倒などの事故予防
  • 睡眠、心肺のリズムを視覚化できることにより、訪室回数を減らすことができ、睡眠を妨げません。
  • 心肺機能の低下時など、入眠時の体調把握が可能となり、緊急時の初動が速やかに対応できます。
  • 入居者様がベッドから離床、覚醒されたタイミングでのお声掛け、必要なタイミングでのケアを提供できます。
  • 毎日の睡眠のリズムを視覚化することで、日常のケアに活かすことができます。

システムの利用にあたってはご利用者様のプライバシーを遵守し、サービスの改善やケアの質の向上にのみ活用することとし、ケアスタッフ、ご家族との情報共有、医療・介護連携、事故などの経過報告以外への提供は行わないこととします


2021年1月31日
老人保健施設ウェルビーのスタッフに新型コロナウイルス陽性反応が確認されました。
感染状況について、詳細状況をこちらにてご報告させていただきます。


2021年2月10日
警戒期間とされる発症から2週間が経過し、どなたにも感染の拡大や兆候は見られないことを確認しました。
本日より通常通りの運営体制として行ってまいります。


ご利用者様、ご家族様、地域の皆様、スタッフの皆様、スタッフご家族の皆様には、多大なご心配とご迷惑をお掛けしましたことを心よりお詫び申し上げます。

当施設における新型コロナウイルス感染について(第6報)_2月10日

【経過及び状況】
陽性反応のあったスタッフ1名の発症と出勤状況から、感染拡大の可能性があるとされる2週間が経過いたしました。

期間中、ご利用者様、スタッフどなたからも体調不良や感染の兆候などはみられないため、本日より通常通りの運営体制に戻ることとします。

今回の感染拡大防止の経験を基に、これまで以上に感染予防を徹底してまいります。

当施設における新型コロナウイルス感染について(第5報)_2月4日

【経過及び状況】
季節性の発熱症状等のみられるご利用者様が数名いらっしゃいますが、新型コロナウイルス症状が疑われるご利用者様や他スタッフに感染症状などはいらっしゃらない状況です。

発熱症状等がみられるご利用者様には念のため感染の可能性も踏まえて慎重に個別対応を行うこととします。

引き続きご利用者様、スタッフ全員の体調把握と感染予防を徹底してまいります。

当施設における新型コロナウイルス感染について(第4報)_2月3日

【経過及び状況】
ご利用者様や他スタッフに感染症状などは見られておりません。

希望されたスタッフ全員に対し、施設内で抗原検査を行い、全員が陰性と判定されました。

引き続きご利用者様、スタッフ全員の体調把握と感染予防を徹底してまいります。

当施設における新型コロナウイルス感染について(第3報)_2月2日

【経過及び状況】
陽性反応・自宅療養継続 スタッフ1名
(昨日と変更なし)

<経過・感染状況>
1月31日(日)16時に陽性反応が確認され、自宅療養継続中。
ご利用者様や他スタッフに感染症状などは見られておりません。

昨日、PCR検査を行ったご利用者様の検査結果は陰性と判定されました。
偽陰性の可能性も考え、個室対応、感染対策ケアはもうしばらく継続していきます。

当施設における新型コロナウイルス感染について(第2報)_2月1日

【経過及び状況】
陽性反応・自宅療養継続 スタッフ1名
(昨日と変更なし)

<経過・感染状況>
1月31日(日)16時に陽性反応が確認され、自宅療養継続中。

現在のところ、他スタッフやご利用者様に感染症状などは見られておりません。


【現在の対応】
陽性確認されたスタッフと接触があったご利用者1名を個室対応、日々のケアを行う際はガウン、ヘアキャップ、フェイスシールドを着用して行うことを継続。
本日、豊田市感染症予防課のご担当者立会いの下、PCR検査を実施。
検査結果は2月3日(水)に出る予定。

陽性反応が確認されたスタッフと同じ部署のスタッフ3名を施設内にて抗原検査を実施し、3名とも陰性であることを確認。
スタッフの体調や希望により、施設内で抗原検査が行える体制としています。


【今後の対応】
個室対応のご利用者様のPCR検査結果を待ちながら、ご利用者様、スタッフの体調管理、把握に努めます。

引き続き、豊田市保健所のご指導を仰ぎつつ、感染拡大の防止対応に努めて参ります。

当施設における新型コロナウイルス感染について(第1報)_1月31日

【感染発生経路】
不明

【感染者】
当施設 スタッフ1名

【経過及び状況】
陽性反応・自宅療養 スタッフ1名

<経過・感染状況>
1月30日 発熱。胃腸風邪症状にて受診。
受診時に感染の検査は特に勧められなかったが、高齢者施設で働いていることから検査を希望した結果、抗原検査を行う。

1月31日16時 陽性を確認


【現在の対応】
豊田市保健所に陽性反応確認されたスタッフの勤務状況、施設での感染対策状況を報告。
保健所からの指導として、濃厚接触者に該当するスタッフ、ご利用者様はいないと判断されています。

陽性反応確認されたスタッフと最も接触時間があったご利用者様1名の感染可能性を考え、個室対応とさせていただきます。
他ご利用者様との生活導線を分けて、接触をされないように努めることとします。
個室対応とさせていただくご利用者様のケアを行うスタッフは限定し、マスク、グローブ着用に加えガウン、フェイスシールドを着用の上、ケアに当たります。


【今後の対応】
豊田市保健所より、念のため個室対応のご利用者様はPCR検査を2月1日に行う事となりました。

その他のご利用者様、スタッフも状況に応じて施設独自に抗原検査を実施する検査キットを確保します。

引き続き、豊田市保健所のご指導を仰ぎつつ、感染拡大の防止対応に努めて参ります。