お知らせ

面会制限緩和について

2021年2月28日に愛知県における緊急事態宣言が解除され、豊田市内も3月上旬~中旬において新規陽性反応者は減少しておりましたが、4月1日の新規陽性反応者が10名となり、また大阪、東京を中心に感染も再拡大し「まん延防止特例措置」がゴールデンウィーク明けまで予定されている現状です。

そのため、いましばらく入居者様との面会、施設建物内への入場、施設タブレットを使用したオンライン面会は引き続き休止とさせていただく対応とします。

ご家族様ご自身のスマートフォン、タブレット、パソコンを使ったオンライン面会はこれまで通り対応させていただきます。

ご家族の皆様にはご迷惑をおかけしますが、入居者皆様の健康と生活を守るため、ご理解・ご協力いただきますようお願い申し上げます。

豊田市内の感染状況が落ち着いてきたと判断できたら、面会制限の対応について徐々に緩和していく予定とします。

施設建物へのご入場を制限します

ご面会、ご来場に関して、施設内への入場を原則禁止とさせていただきます。

豊田市の感染流行状況を見ながら、徐々に警戒レベルを引き下げていく事を考えていきます。

さらに豊田市内での感染が拡大される状況となった場合、面会制限の期間を延長していきます。

施設ご来場者への対応について

外部ご協力者様、ボランティア様による活動も原則行わないこととし、感染流行状況を見て判断していきます。

今後の面会制限解除等の判断について

元通りの生活に少しずつ近づいていけるように、様子を見ながら徐々に警戒レベルを引き下げていきます。

緊急事態宣言等の対応、豊田市内での感染流行状況の拡大などが報道された場合は、制限を継続させていただきます。

施設ご来場者様へのご協力依頼

豊田市内の感染流行が終息するまで、施設への入場をお断りさせていただきます。

  • ご家族の皆様におかれましても、日々の体調管理にご協力お願いします。


医療法人豊成会は、介護福祉士実務者研修を2021年7月より開校します。

実務者研修は「介護福祉士」になるための第一歩であり、今後の介護現場を担うために必要な幅広い知識と技術を習得することを目的としています。

2019年10月から新しく制度化された「介護職員等特定処遇改善」では、介護福祉士資格を持つことでより待遇、処遇アップの対象とされることとされています。

2021年4月の介護保険報酬改定により、キャリアのある介護福祉士の配置、介護福祉士の配置割合を拡大することがより高く評価されることとなりました。

介護福祉士実務者研修を修了し、介護福祉士試験に合格することで、さらなる給与待遇が期待できます!


介護の経験がない方でも受講可能

【2021年7月1日~ 3ヶ月間】
カリキュラムに則った通信教育にて学びます。

○パソコン、スマートフォンに対応したe-ラーニングでも受講できます。
○希望者には紙媒体でのレポート提出でも受講可能。

【2021年10月6日(水)~ 3ヶ月間】
合計8日間の通学にて座学、実務研修を実践します。

  • 少人数制を採用
  • わからない事はすぐ先生に確認できる
  • グループワークを通して学習するので、理解度アップ
  • 新型コロナウイルス感染予防の徹底に取り組みます。

法人内職員は無料で、就業時間として受講できます。

老人保健施設ウェルビー、又はグループホーム此の花へ入職後、無料で受講できます。




介護福祉士国家試験の実技試験免除


介護福祉士国家試験においては、実務者研修の修了により実技試験が免除されます。

実務者研修の受講期間は6ヶ月ですので、実務者研修と介護福祉士国家試験まで切れ目なく受験に臨むことができます。

サービス提供責任者になれます

訪問介護事業所で配置が必須「サービス提供責任者」として働くことができます。

「サービス提供責任者」になるためには、実務者研修の修了か、介護福祉士資格が必要です。

より専門的な医療的ケアを学べます

「たんの吸引」や「経管栄養」について学ぶことができます。

実務者研修を修了し、一定の条件のもと勤務先等の事業所で実地研修を行うことで、介護職員も医療的ケアを行うことが可能になります。

応募のご案内

2021年4月にお申し込み受付を開始します。

申込用紙のダウンロードはこちらから






「くるみんマーク」に続いて、「AICHI WISH企業」として認定を受けることが出来ました。

2019年4月から始まった「働き方改革」についても積極的に遵守し、働くスタッフ全員にとって魅力的な企業への推進に取り組んでいきます。


くるみんマーク

医療法人豊成会は、これまでの実績から「くるみんマーク」の認定を受ける事ができました。
現状に満足せず、これまで以上に働きやすい職場、環境作り、仕事と家庭の両立支援に取り組んでいきたく思います。

その結果として、次は「プラチナくるみん」の取得を目標として取り組んでいきます。